1. ジェリーネイルトップ >> 
  2. セルフジェルネイルのやり方「準備から簡単なアートまで」 >> 
  3. ジェルネイルのオフのやり方

基本の施術

ジェルネイルのオフのやり方

準備するもの

ファイル

アルミホイル

コットン

ピンセット

ウッドスティック

ジェルリムーバー

ジェリーリムーバーがしみこみやすいよう、ツヤがなくなるまでジェルの表面を軽くけずります。このとき、自爪をけずらないように注意して下さい。
爪の大きさにカットしたコットンにジェリーリムーバーをしみこませます。(ふくませます。)
ピンセットで爪の上にコットンを置きます。
キューティクルオイルをお持ちの方はけずった後爪のまわりのひふにオイルをぬっておきましょう。(ひふの保護になります。)※オイルは爪に塗らないように注意しましょう。オイルが付着しているとアセトンがしっかりと染み込みません。
ジェリーリムーバーが蒸発しないようアルミホイルで包みます。
包んだ状態で10~15分待ちます。
アルミホイルをはずすと、ジェルがふやけた状態になっています。
ウッドスティックなどで、ジェルを取り除きます。※この時ジェルを爪からムリにはがさないで下さい。
完成
1回で取れない場合は【2】~【7】の作業を繰り返します。
ジェルのオフ後は爪が乾燥した状態です。キューティクルオイルやハンドクリームを塗り保護しましょう。※再びジェルを塗る場合はオイルなどは塗らずにプレパレーションからスタートしましょう。

ページトップへ